姑の訪問 建物に篭りフリー満喫しました~

建物は六ヤツ身寄りだ。
わたし、恋人、姑、子3ヤツ。

子と言っても2ヤツは社会人、これから1ヤツは教え子なので手がかかる輩はいません。
が、ただし、最先端が掛かるのは、姑だ。
室内の事は何もしない代わりにうるさい事もサッパリ言いません。
契約、割といい姑だ。
血統の都合上わたしは専業母親なので、他の身寄りが帰宅するまでの時、およそ常々姑とグループ屋根の下で昼間を越します。
ふた毎月くらいの割合で観光に出掛けますが、それ以外は通常在宅にいる。
姑はご近隣づきあいも美しく頼りにされるタイプで、ご近隣からの頼みも厚いようです。
そうして、前日はそのご近隣様たちといったワンデイ観光に出かけたのです。
しょっしゃあああ!!!
わたしはウキウキ気分になりました。
婦人サポーターを導き昼めしとも考えたのですが、生憎の天候で想いもいまいち。
そこで家でのお篭りに決めました。
午前中は何やかんやと所帯を済ませ、いたって簡単なランチ。
こういうランチも、普段は姑というふたりなのでカップ麺ともいかず面倒です。
そうして、私だけの時?
そうは言っても、することと言ったら、撮り溜めた韓ドラを見てからのwebサーフィン。
動き不十分中止に意思が向いたタイミングだけのストレッチング。
そんなもんです…
なんだ、と思われるかもしれませんが、これがわたしにとっては至福のチャンスです。
真夜中ならお酒も入り尚よろし。
在宅に絶えず誰かと共にいらっしゃる感覚って、息苦しくなったり講じるんですよ。
わかっていただけるか?

につき、気晴らしし、又次回の姑のピクニックまで家事頑張ります!!!筑波大学教え子作り方